DVD「Roadrunner Cull」2009年11月21日 05時45分00秒

 結局というか、やはりというか、レクチャー・ノートセットを買ったのに、また別途DVDも買ってしまった。コスチャ・キムラットの「ロードランナー・カル」。でもレクチャー・ノートより圧倒的に分かりやすい。というかこれに限らずマジック関係の本って、日本語訳されたものって分かりづらい。例えば英語だとcardとcardsの違い(単数か複数か)はすぐ分かり、これが文章を理解する大きな手助けになるが、日本語になると区別がつかなくなる。
 それはともかく、DVDを見ていると、コスチャ・キムラットの「柔軟に工夫する」という姿勢がよく伝わってくる。ロードランナー・カルにしても、結果だけ見るとたいしたものではないように思えるが、ほんのちょっとしたやり方の工夫が、技を大きく変えてしまうものだと感心する。
 DVDには数人のマジシャンとの対談もあったが、その中でコスチャ・キムラットが見せているピークは大変面白い(デックをドリブルしてストップと言わせたところの右手のパケットのボトムカードを覚えてもらい、ドリブルを続けると、もうピークしているというもの)。あまりに単純なピークなのだが、マジックの基本みたいなものがよく表れている。人によってはロードランナー・カル以上の価値があるかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2009/11/21/4711163/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。