ピンキー・カウントとスチュアート・ゴードン・ターンオーバー2010年04月02日 04時53分04秒

 ピンキー・カウント(Pinky Count)の練習を始めてしまった。どこまでできるようになるやら。
 でもこれ、うまくできるようになると、スチュアート(ステュアート)・ゴードン・ダブル・ターンオーバー(Stuart Gordon Double Turnover)と組み合わせれば、それだけで強力なダブルリフト手法になるような気がする。

 そうそう、以前書いた野島伸幸氏のダブルリフト手法は、氏のDVD「Impression」第3巻によると、スピリット百瀬氏の考案によるものだそうだ。こちらも、ピンキー・カウントから行えるようにすると、また面白そうである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2010/04/02/4989582/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。