DVD Review #002 「Trilogy」「andthensome」(Dan&Dave)2010年12月15日 04時36分13秒

 なんだか画像が真っ黒で、あまり写真出してる意味ありませんが……。
 お薦めのDVDだけを紹介するReview 2回目。


 ダン&デイブの「トリロジー」と「アンドゼンサム」。もう、かっこいい技、技、技の宝庫である。新しいテクニックに加えて、古くからのテクニックもたーくさん紹介されている。また、各テクニックの単独の解説以外にも、一つのトリックの中に多くの有名なテクニックが詰め込まれており、さらっとした解説ではあるがいろんな技を確認し学ぶことができる。例えば、レナート・グリーンのトップショット、アッシャーツイストみたいなやつ、カルディニチェンジ、ヒロサカイのダックチェンジ、アーロン・フィッシャーのポップアップするやつ、タマリッツ・パーペンデキュラー・コントロール、リフルしていって1枚だけ覚えさせるやつ、などなどなどなど、本当に多くの有名な技法が出てくる(クリップシフトはやってるのにコメントなし。シェイプシフター・チェンジは解説してたっけ?)。ダローの「エンサイクロペディア〜」が初・中級者向けの技の百科事典とするならば、こちらは中・上級者向けの百科事典である。
 もっとも、この双子の一番すごいところは、その所作の美しさであろう。カード1枚をデックのトップに戻す動作一つが美しい。すべての動きが滑らかで流麗である。あまりに滑らかすぎて、トリックが全然不思議でないように見えたりもする。美しすぎて、また、スピード感があり過ぎて、うっかりしてると何やってるのか分からないのだ(そんなの私だけか?)。
 ダン&デイブのDVDでは「ザ・ダンアンドデイブ・システム」も持っているが、今のところ私はあまりフラリッシュに興味がないためよく見ていない。ちなみに「トリロジー」は3枚組でそのうち1枚がフラリッシュ。でもこちらのフラリッシュはやらなくてもいろいろ参考になるのもある。「アンドゼンサム」はトリロジーの続きみたいな位置付けで、こちらは1枚。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2010/12/15/5582987/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。