DVD Review #006 オリジナル(またはオリジナルに近い)技の数々2011年01月05日 15時21分07秒

 お薦めのDVDだけを紹介するReview。今回はマジシャンの独自技を解説したDVD。
「Asher Twist」(Lee Asher) 「アッシャー・ツイスト」(リー・アッシャー)
 東京にレクチャーで来た時、本人の演技を見た。「角度に注意」と強調していた。もう随分練習しているが、いまだにうまくできない。

「Shapeshifter」(Marc DeSouza) 「シェイプシフター」(マーク・デソウザ)
 シェイプシフター・チェンジの解説DVD。このチェンジ、簡単そうに見えて、実はけっこう難しい。シェイプシフター以外のクラシックなチェンジの説明もある。また、ブラッド・クリスチャンも登場して追加説明をしてくれる。

「Surfaced」(Chad Nelson) 「サーフェスト(ド)」(チャド・ネルソン)
 クリップシフトを解説。こりゃすごい技だと思った。最初は全然できないのに、練習するうちに何とかそれらしくなってくるのも面白い。完璧にはほど遠いものの。ただ、カラーチェンジとしての使い道以外に、今のところ自分でできるトリックには組み込めていない。カラーチェンジとして使う場合も、成功確率はあまり高くない。

「Control Freak」(Olmac) 「コントロール・フリーク」(オルマック)
 WOWコントロールほかを解説。最初にWOWコントロールの解説を見ると、こんなのできるわけない、通用するわけないと思うが、意外や意外、角度に注意すればけっこう有用な技だということを知らされる。また、このWOWコントロールの要となる指の使用法は、カラーチェンジなど他の様々な有名な技にも共通するもの。私は最初、この指の動きをごく最近の新しいものだとばかり思っていたら、けっこう昔から使われているものであることを後で知る。カードマジックの解説本などでは、この指の動きを解説しているのを見かけたことがないように思う。カードカレッジ(5冊の本)にも、類似の指の動きはたぶん載ってなかった気が……。
 このDVDには他にも、ワンカードパスなど有用な、あるいは刺激的な技法が多数紹介されている。ヒロ・サカイのダックチェンジをダークチェンジと間違えている。

「Green Magic Vol.6」(Lennart Green) 「グリーンマジック 第6巻」(レナート・グリーン)
 最近日本語版が出たそうだが、私が持っているのは英語版。シリーズのうち、第6巻の中で、ディールした瞬間にカードが消えるスナップディールを、応用法も含めて丁寧に解説している。これも、できそうでできない、いやできなそうで意外とできる、いやいややはりできそうでやっぱりできない技の一つである。

「The Roadrunner Cull」(Kostya Kimlat) 「ロードランナー・カル」(コスチャ・キムラット)
 基本的にはカルなので「オリジナルの技」と言えるかどうかはわからないが、このDVDでカルのやり方を学ぶと、驚くほど楽にできるようになる。デックの半分くらいをカルしてしまうというのがロードランナー・カルの真骨頂ではあるが、さすがにそこまではマスターできないものの、4枚くらいのカルならばあまりストレスを感じなくなった。面白いのは、以前はどうやっていたのかが思い出せなくなっていることだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2011/01/05/5625007/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。