DVD Review #008 このDVDの「ここ」2011年01月22日 13時49分34秒

 お薦めのDVDだけを紹介するReview。今回は、DVD1枚全部というよりも、「この1枚の中で個人的に『ここ』が気に入った」というのを紹介します。

「Reflection」(Bill Goodwin)「リフレクション」(ビル・グッドウィン)
 「ペイントブラッシュ・チェンジ」が面白い。なにげなさ、をいかに出すか。まあ、デモ動画が一番すごいのであるが。YouTubeでいろんな人がやっているのを見るが、どれも「速過ぎ」「ブラッシュし過ぎ」のような感じがする。
 あと、「Hold the Mayo」はやはり名作。「Twisting the Kings」も渋いし、テクニックの勉強になる。っと、つれづれ書いてると、これはDVD1枚全部やはりけっこういい。

「Impossible Card Magic」(Ray Kosby)「インポシブル・カードマジック」(レイ・コスビー)
 デックの下の方にに突き刺した一枚のカードが、デックを一振りするたびに少しずつ上がってくる「レイズ・ライズ」収録。これと同じくらい面白いと思ったのが、独特のオイル&ウォーター。私はオイル&ウォーターはあまり好きではないのだが、このバージョンは非常にいいと思う。演者が黒カード4枚持って、観客が赤カード4枚持って(この時点でズルなし)、互いに1枚ずつ重ねていくというものである。

「Arizona Card Expert」(Steve Ehlers)「アリゾナ・カード・エキスパート」(スティーブ・エラーズ)
 「ハリケーン・チェンジ」が知りたくて買ったDVD。そのほか、パケットチェンジやフォールスシャフルなどが勉強になる。

「Card Artistry」(Andrew Wimhurst)「カード・アーティストリー」(アンドリュー・ウィムハースト)
 客がカットしたところから次々とエースが出てくるトリックが面白い。ただ、デモでは3枚目を一度失敗する。4枚目は別の手法で出す。
 別のトリックでは「バーサ・スイッチ」を解説。
 その他、コントロールを兼ねたシャフル等の渋めの技が学べる。

「The Side Steal」(Paul Cummins)「ザ・サイド・スティール」(ポール・カミンズ)
 サイドスチールのレクチャー。もっとも、私としてはサイドスチールは難しすぎて今のところ全然習得できず。パフォーマンス・オンリーで付いている「Tapalack」という、演者と観客がお互いのカードを当て合うマジックが面白い(サイドスチールと関係ないと思うのだが。もしかしたら関係ある?)クロッキングという手法を使ってるらしい。

「The Cheat」(Richard Turner)「ザ・チート」(リチャード・ターナー)
 私が持っているのは英語版だが、日本語版も出たらしい。様々な高度な技法を淡々と解説するDVD。テーブル上での技法が中心。個人的に非常に気に入ったのは、プッシュ(プル?)スルーシャフルとフォールス・ラニングカット(フォールス・スリップカット)との組み合わせ。ベンジャミン・アールが「パスト・ミッドナイト」の中で何回かやってるのも、これではないか。

「Advanced Card Control Vol.2」(Allan Ackerman)「アドバンスト・カード・コントロール 第2巻」(アラン・アッカーマン)
 アラン・アッカーマンのカード技術レクチャー集。全8巻あるが、私が買ったのは第2巻のみ。主としてボトム・ディール、ダブル・ディール、ボトムからフォースカードを持ってくるフォースを知りたくて買った。でも難しい。アラン・アッカーマンは手が巨大である。紹介されているトリックの中で「ノー・スロー・モンテ」というのが気に入った。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2011/01/22/5646003/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。