デック2種2011年02月08日 12時17分03秒

 今、愛用中のデック2種。上がフルニエ605(リー・アッシャーモデル)で、下がビーのスティンガー(セオリー11モデル)。
 いつもいつも、デックに関しては「どれか一つに絞りたい」などとなぜか思うのだが、結局いろんなものを買っては捨て買っては捨て、である(上2つに加えて、今は一応、赤バックバイシクルのマークト・デックもひいきにしている)。
 アッシャーのフルニエは、とにかくダブルリフト系がやりやすい。ぴたっとくっつくのだ。デザインもかっこいい。でもとっても固いので、全体を保つフォールスリフルシャフル(ヘインシュタイン・シャフルやベンジャミン・アールのグレイ・シャフルなど)はちょっと難しい。また、ミルク・シャフルをやろうとすると、下側のカードが2枚以上くっついてきたりする。同様に、デックのトップとボトムカードを押さえて左手から右手に投げて2枚だけを残すというオーソドックスな技法があるが、バイシクルなんかだと簡単なのに、このアッシャー・フルニエでやると、左手にものすごい数のカードが残ったりして意気消沈してしまう。笑い事である。その辺を自分なりに解決できれば、一番いいカードだと思うのであるが。プッシュ(プル?)スルー・シャフルも難しい。
 ビー(bee)のスティンガーは、Theory11から出てるもの。バックは白縁がある黒。こちらは、マジック用としてはバイシクルなどと同様、普通の固さでとてもよい感触(細かな固さの違いは、私にはわかりません)。でも個人的にちょっと残念なのは、「渋め」を意識し過ぎてか、ダイヤ・ハートの赤色と、絵札がすべて暗い配色(上の写真参照)である点。裏側は黒でいいから、表は普通に明るくしてほしい気がする。とくに一般の人に手品見せるような時は、明るめの配色の方がいいのではないか。
 ビーのカードでは、アードネスモデルも以前買ったが、あの緑はちょっと無個性すぎではないかというのが個人的印象。ジョーカーも地味。「家庭の普通のトランプ」という感じがし過ぎる気がする。まあ、ただの好みの問題であるが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2011/02/08/5671149/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。