ふじいあきら「Sidewinder(サイドワインダー)」買った2011年12月10日 08時09分14秒

 ふじいあきら氏の「Sidewinder」を買った。
 いやあ、驚いた。目から鱗というか、技としての、きちんとした理屈、メカニズムが確立されている。無理矢理カードを引っ張り出しているのではない。左手で押し出しているのでもない。DVDが届く前に、自分なりに適当に真似してみていたが、真似だけでは分からない、いくつかの重要なポイントがある。こういう風にやっているんだとは思わなかった。ふじい氏はDVD「カードマジック事典アンソロジー」でもこの技を少しだけ解説していて、私も持っているので久しぶりに見てみたのだが、あれじゃあ全然分からない。
 この技、「By Forces Unseen」(本)のErnest Earickを思い起こさせるようなテクニックとでも言えるだろうか(ちなみに、関係ないが、Andi Gladwinのダブルプッシュオフはいまだにメカニズムが分からないぞ)。

 だがやはり難しい。練習しがいはあるのだが、いつになったらそこそこできるようになるだろうか。人前でやるのは永遠に無理かも。角度に注意するのも大変そうだ。それから、私が愛用しているアッシャーのフルニエのようなカードの方がやりやすいか、それとも普通のエンボス系のデックの方がやりやすいか、今のところ何とも言えない感じ。

 でも、とりあえずがんばってみよう。たぶん大事なのは、「無理しない」ことのような気がする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2011/12/10/6238877/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。