DVD ヘインシュタインズ・ドリーム2013年12月26日 14時30分26秒

 破ったカードを復活させる手品「ヘインシュタインズ・ドリーム」のDVDを買った。フレンチドロップの解説文では、「デュプリケートカードを手に隠し持つことなく演じられます」とあるのだが、そしてそれは確かにウソではないのだが、ちょっと誠意の無い表現である。こんな文章書かない方がいいのに。

 仕掛けは「なるほど」と思わせるもので、比較的簡単(とはいえそう簡単ではないが)にでき、インパクトもすごい。カードマジックが好きな人ならば恐らくは良く知っている原理を利用したもので、こんな使い方もあるのか、と関心させられる。また、何よりハンドリングの工夫は確かにすごい。

 ただ、問題はそこまでやるかどうかだ。まあ、だからこそ、勢い、宣伝文句がやばい領域に近づいてしまうのだろう。

 カードマジックではあるが、人間の胴体を切ったり空中に浮かせたりするステージマジックを手の中で行うという感覚かもしれない。仕掛けは必要だが、その分インパクトは大きいのだ。

 ちなみに、復活したカードを客に手渡しできるかと言えば、基本的にはできるがちょっとやばいかも(答えになってませんが)という感じ。デモ演技映像では渡しています。

 演じてみたいけど、あまりアマチュア用ではないかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2013/12/26/7156446/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。