アーロン・フィッシャーの「ペーパー・エンジン」2009年10月31日 13時33分39秒

 書籍、Aaron Fisher(アーロン・フィッシャー)の「Paper Engine(ペーパー・エンジン)」。By Forces Unseen と並んで素晴らしい本だと称されているのをインターネットでたびたび見た。買った。確かにその通りだ。
 技法もさることながら、技法やそれを含むマジックそのものに関する著者の考えが面白く、勉強になる。
 紹介されている技法の中で現在練習中なのが「Gravity Half Pass(グラヴィティ・ハーフ・パス」と「Pop Up Move」。特に前者は、ハーフパスの、今まで知らなかった面白さを教えてくれる。ただなかなか思うようにいかない。YouTubeにこれをやっている映像はけっこうあるが、うまくいっているものは見当たらない(中にはグラヴィティ・ハーフ・パスと題しているが全然違うものや、ちょっと違うのにグラヴィティ・ハーフ・パスと題してそれよりすごいハーフパスをやっているのもあったりする。後者はそれはそれでものすごいのだが)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2009/10/31/4664925/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。