シンプルなチェンジ2008年04月26日 07時17分32秒

 Dリフトの順番を変えてみるという試み。

 デックをシャフルして1番上のカードを表向きにして、「よーく見てて下さい」と言う。その間に2枚目の下にブレイクを取る(ゲットレディ)。この「よーく見てて下さい」と言うのがかなりの重要点である気がする。そして、一番上のカードを裏返して、次の瞬間、Dリフトしてひっくり返す。右中指で上辺を、親指で下辺を持ち、人差し指をカードの上に当て、親指でカードをはじくようにして「パチン」という音を立てながら、縦にひっくり返す。結果、Dリフトしているカードは右手中指と人差し指だけで保持される形となるが、デックを持っている左手の各指で素早く支え、秘密がばれないようにする。そしてKMムーブで処理する。ただしこの時のKMムーブは、オーソドックスなものではなく、カードの持ち方などをちょっと改良する必要がありそうだ。

 単なるカードチェンジなのだが、「よーく見てて下さい」というセリフと「パチン」という音が、非常に効果的である(と思う)。簡単ではないけれども、スマートだ。最初にDリフトするのではなく、見せる時にDリフトするというやり方だ。ものすごい緊張感があるが。

 マジックというより、単にスライトを見せるだけということになるかもしれないが、アマチュアの、短時間の(20秒くらい?)手品披露には悪くない気がする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2008/04/26/3329310/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。