なんだかなあ「Stars of Magic(スターズ・オブ・マジック)」2010年04月17日 11時23分31秒

 なんだかなあ、というのは自分にあきれているので、本に幻滅しているわけではない。アメリカから「Stars of Magic(スターズ・オブ・マジック)」が届いた。
 なんだかなあ、というのは2冊目だからである。以前買ったのはブックオフに売ってしまっていたのである。

 本気で(とはいえ趣味だが)カードマジックに取り組みはじめて数年が経って、ようやくこうした本の価値が分かり始めた。
 日本で、日本語で紹介されていない、けっこうすごい技がたくさん詰まっている。これはダイ・バーノンの一連の本(本人の著作ではないがルイス・ギャンソンやスティーブン・ミンチのやつ)においても言える。YouTubeで愛好家がやってるすごい技って、最近開発されたものとばかり思っていたが、ほとんど昔の人が考えたものではないか。例えば、バーノンは「誰にでもできるような技法」ばかりのような印象を、日本で出版されている本を見ると感じるが、全然そんなことはないことを、最近になってようやく分かってきた(やりやすい技法、自然な技法を開発しているのがバーノンのすごいところなのだが、高度な技、難易度の高い技もあることはあまり紹介されていない)。

 自分でちゃんと訳してみるかな、と思う。


 それにしても、ブックオフに行ってしまった本の、なんともったいないことか(英語のやつはおそらく評価は0円だし)。日本の本でも多いなあ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2010/04/17/5024898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。