思い付いたこと(過去分)メモ2008年02月27日 04時53分41秒

 これまで、思い付いた時にノートに書き留めておいたメモを、ここにも記しておきます。

【技法上の「気付き」】

例えば、上を持ち上げるのではなく下を下げる(動かし方等の意識の転換)。

手は広げると、意外と広がる(ウォームアップが有効)。

速くやった方がいいか、ゆっくりやった方がいいか常に検討。

力の入れ方も常に検討(軽やかに見えても、実はしっかり押さえたり握ったりした方がいい場合もある)。

カードそのものに遠慮しない(ぐっと曲げたり)。カードを「支配」する意識。


ある指が知らない間に他の指の動きを邪魔していることも(逆に、ちょっとした“気付き”で楽にできる。指の位置をほんの少し変えるだけで、楽に技ができることがある)。

カモフラージュの大事さ(こちらは意味ないと思っても、見る側にはけっこう有効)。カードをそろえているふりや、リフル、スプリング、ドリブル。

ギターと同じで「最もやりやすい方法」を常に考える(固定的にならない)。

遠慮しないで手でしっかり隠す。常に角度に気を配る。

普通の場合の動きをまずやってみる。

【気持ちの持ち方】

失敗した時のごまかしは意外とテキトーでもきく。

失敗したと思っているのは自分だけだったりする(ばれたと思い過ぎない)。

一旦失敗しても続けていれば相手は忘れ、後の展開だけで驚く(よく覚えちゃいない)。

「リボンスプレッドだけで驚かれる」という事実を忘れない(技法のレベルは関係ない)。

こっちが自信なさげになると、相手も安心して楽しめなくなる。

終わりが良ければすべていい(←もしかしたら、マジック以外でもこれが極意か)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shrewd.asablo.jp/blog/2008/02/27/2666870/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。